フェイスブックとは

フェイスブックの使い方〜はじめてのfacebook【★フェイスブックしよう!】



 

Facebookってなんだろう

Facebookとどうつきあっていけばいいのだろうか。Facebookの使い方とは、Facebookはいったいどんなサービスなのか。

 

その前に、Facebookの歴史を知ろう。まず、Facebookとは2004年にアメリカの大学生向けにサービスをスタートした無料のSNSである。日本語版は2008年に公開した。SNSとは、人と人のつながりを促進、サポートするサービスのことと定義される。SNSサービスの代表的な例は、mixiやGREE、Mobage、海外ではMyspace、LinkedInなどが挙げられ、それらの中でもFacebookは最大規模であり、実名登録であることが特徴と言われる。2011年には世界中に8億人のユーザーを持つと言われる。その後、2012年5月にナスダック市場にIPOした。

 

Facebookの創業者で有名な人はマーク・ザッカーバーグであり、創業に関する話が映画化「ソーシャル・ネットワーク」されている。日本でも2011年1月に公開された。

 

また、創業者のマーク・ザッカーバーグは株式公開翌日に結婚し、Facebook上に結婚式の写真をアップしたことも話題となった。

 

 

Facebookのサービスの機能は、つながっている人に対して、「コメントを投稿」したり、撮った「写真や動画を共有」したり、行った場所で「チェックイン」をして友達にアピールすることができる。また、イベントを作成して、Facebookで告知をしたり、友達に招待メールを送ることができる。

 

さらに、メールアドレスやサービスアカウントを知らなくても、友達へ直接メッセージを送ることができる。このメッセージは個人間にしか見えないため、通常のメールアドレスのように使うことができる。企業やサークルであれば、Facebookページ(以前はファンページと呼ばれていた)を作って、ユーザーへ宣伝することもできる。

 

つまり、Facebookは自分の趣味嗜好を登録し、日常を投稿することで自分らしさを表現する媒体と言える。一度話しただけではわからない、友達の過去や現在の考えをより深く知ることができるし、友達と時間を作って会わなくとも、連絡をとり続けられる。

 

仕事ばかりで忙しくしている人でも、友達に忘れられることがないツールと言えるかもしれない。


はじめよう 設定しよう 中級編